hamayuzinの日記

ITベンチャーに新卒入社し、エンジニアとかデータサイエンティスト、とかやってます。あの時 あれやってたな的な備忘録にできれば。

【botkit/slack】匿名でslackに投稿するbotを作って、herokuで動かす

会社でslackを使っていて、匿名の投稿チャンネルを作ろうとなった。 その時のメモ

ここを参考にしている

qiita.com

流れ

Appのannonymusに何か書くと、指定のチャンネルに匿名で投稿できる f:id:hamayuzin:20180412172614p:plain

botkitの準備

基本的に、githubのドキュメントを参考に進める

GitHub - howdyai/botkit: Botkit is the leading developer tool for building chat bots, apps and custom integrations for major messaging platforms.

# botki install 
npm install -g botkit

# create new bot いろいろ入力させられる
botkit new --platform slack

# いろいろ入力させられたときに入力したボット名
cd ボット名

bot.jsを下記で全て上書きする channel_idだけ変更する

var env = require('node-env-file');
env(__dirname + '/.env');


var Botkit = require('botkit');
var debug = require('debug')('botkit:main');

var controller = Botkit.slackbot({
    debug: true,
});

var bot = controller.spawn({
    token: process.env.token
}).startRTM();

controller.on('direct_message',function(bot,message) {
  console.log("hhoge")
  bot.reply(message,"匿名で投稿しました:mailbox_with_mail:");

  // 投稿先がチャンネルの場合
  bot.startConversation({channel: "channel_id"}, function(response, convo){
    convo.say(message);
  })
});

これで、slack bot の tokenをつかって実際にテストできる

token=token  node bot.js

herokuに登録する

Procfileだけ新しく作成

worker: node bot.js

あとは

heroku login
heroku create
git push heroku master
heroku config:add token=slackのbotのtoken

してherokuの設定画面で、

webをoffにして、workerをONにする